天本英世に関するイベント情報のご案内

天本英世記念館をつくる会主催
若松市制100周年記念映画祭

幻の映画、藤田進主演の「花と龍」若松にて60年ぶりの上映

今年は旧若松市制100周年となります。そこで天本英世が懇意にいたしておりました文豪、火野葦平の最高傑作「花と龍」の初映画化作品を上映いたします。史実原作に最も忠実に描かれた作品で、社会の底辺に生きる労働者を擁護し、卑劣な暴力に屈せずひたむきに信念を貫く玉井金五郎と、それを支えつづける妻のマンの夫婦愛の物語です。永らくフィルムが現存しない「幻の映画」と云われておりましたが、近年東映株式会社でフィルムが発見され、現在国立近代美術館フィルムセンターに収蔵されています。今回特別にその貴重なフィルムをお借りし、若松にて上映の運びとなりました。撮影ロケ地である当時の若松の街並みが随所に観られます。又、原作者の火野葦平も俳優として登場する貴重な作品です。 旧若松市制100周年を印象深く盛り上げ、市民の皆様に楽しんで頂けるイベントです。

映 画:花と龍 洞海湾の乱斗  昭和29年度東映作品
日 時:平成27年3月8日(日) 開場13:30 開演14:00
場 所:若松区本町3丁目13-1 若松市民会館小ホール
金 額:無料(全席自由)
主 催:天本英世記念館をつくる会
後 援:北九州シネマサロン・中川ストリート組合・松永文庫友の会・
    若松クラスター・若松で音楽を聴く会(50音順)
協 力:国立近代美術館フィルムセンター

お問合せ 料亭金鍋 電話093-761-4531


ページのトップへ戻る